本文へジャンプ 『旅行』に関する
動物・風景・写真・準備・オンラインショップ
旅行代理店・旅のアドバイス・いろいろ情報HP

             

アボリジナルアート

オーストラリアの原住民、アボリジニの世界をご紹介します。
彼らは実に4万年もの間、その生活様式を変えずに生き抜いてきました。
現存する原始生活民族としては世界最古、地球最後の民族なのです。
文字を持たない彼らは壁画(アボリジナルロックアート)にその長い歴史を刻み続けてきました。
一つ一つの壁画には、個々に伝説が残されています。少しずつ公開していきます。

アボリジナルアート 〜大河からの恵み〜

うるるの壁画解説♪
この壁画が残されている地区を流れる河で採れる魚を描いた物。

 大地のめぐみや、海・川からの頂き物は、狩猟生活を営む彼らにとって最も大切なものなのです。彼らは地上の獲物だけでなく、水辺のそばの部族は氷河期の終わりには漁もしていたようです。

うるるの雑談コーナー
 文化的な背景を持たない人間が絵を描こうとする時、何を考えて描くんでしょうね?壁画のある岩壁にはやたら魚の絵がありました。狩猟生活を営んでいたアボリジニたちにとって、獲物は天の恵み。命をつなぐ食料はとても大切なものだったんでしょうね。でも、もしかすると、ただ単に食べたいものを描いてみただけかもしれません(笑)。本当のところを描いた本人に聞いてみたいものです。


前のぺーじへ! うるるのアボリジナル・レジェンド紹介 次のぺーじへ!

首長ガメのページへ戻りまーす!

作成中なのでTOPページへ行こう!

   copyright c 2005 旅行っていいよね! all rights reserved.