本文へジャンプ 『旅行』に関する
動物・風景・写真・準備・オンラインショップ
旅行代理店・旅のアドバイス・いろいろ情報HP

             

アボリジナルアート

オーストラリアの原住民、アボリジニの世界をご紹介します。
彼らは実に4万年もの間、その生活様式を変えずに生き抜いてきました。
現存する原始生活民族としては世界最古、地球最後の民族なのです。
文字を持たない彼らは壁画(アボリジナルロックアート)にその長い歴史を刻み続けてきました。
一つ一つの壁画には、個々に伝説が残されています。少しずつ公開していきます。

アボリジナルアート 〜首長亀からの年代測定〜

うるるの壁画解説♪
首長の亀を描いた物。

 この種類の亀は何千年か前の地層には化石がありません。つまり、オーストラリア大陸に渡ってきた時代以降に描かれたものであることを意味しています。この種のカメやその他の淡水生物がこの地域で一般的になったのは、2000年ほど前の湿原の形成期だっとことがわかっています。つまり、これらの絵は2000年以内のものであると推定されるということです。そのように全く別の考古学や生物学の研究がリンクして、この壁画の年代が測定される場合があるのです

うるるのちょっとカメ話
 私はリクガメを飼っていたことがあります。彼らは太陽からの紫外線を浴びないと食物からのカルシウムをうまく吸収できず、甲羅がふにゃふにゃになってしまうのです。そのため、リクガメを飼育する時は紫外線UVの波長の含まれている特殊なライトが必要です。もっとも、壁画やオーストラリアに現存する首長亀は水棲のカメですから、それとこれとは別の話ですね。豪州のペットショップにはミドリガメほどの大きさのクビナガガメが売っているんですよ。はじめて見た時、ちょっとひきました(笑)。


前のぺーじへ! うるるのアボリジナル・レジェンド紹介 次のぺーじへ!

知識編のページへ戻りまーす!

太古のサカナはどんなカタチ!?

   copyright c 2005 旅行っていいよね! all rights reserved.