本文へジャンプ 『旅行』に関する
動物・風景・写真・準備・オンラインショップ
旅行代理店・旅のアドバイス・いろいろ情報HP

             

旅の助言

 このページでは、日本にいては気付かないない海外での変わった経験・体験・注意点、旅行の際にあると重宝するものなどをまとめてみようと思います。私の経験上、オーストラリア滞在をベースに書いていきますが、旅行の出発前にそれぞれの国でのことも考慮して参考にしてみてください。

旅の助言 〜海外の空港での検疫、厳しいです・・・っていうか、見逃している日本が問題なのよ♪〜

バレなければへっちゃら♪と思わないほうが・・・

 外国へ入国、あるいは荷物を輸送する際、検疫という関門があります。病原菌や外来種の種子などの侵入を防ぐためです。これは入国の際にチェックされて、持ち込みができないものについては自費で日本に送り返させられるか、その場で廃棄することになります。当然、日本の家族や友人から送られてくる荷物も開封されてチェックされます。

木工品について
 例えがオーストラリアで恐縮ですが、参考までに目を通しておいてください。
豪州の検疫は世界に類を見ないほど厳しいです。例えば、木で作られた製品すべては燻浄(くんじょう)という処理を施さなければ持ち込むことはできません。箸など、多少コーティング処理をしてあるものは問題がないのですが、一見「生の木工品」であれば間違いなく引っかかります。
現地に生息していない害虫の侵入を防ぐため、木で造られたテーブルやイス、姿見・・・検疫の対象は全てです。長期滞在などで持ち込む際は空港でトラブルにならないようにあらかじめチェックしておくことを忘れずに。


食物について
 こちらも過敏なほどに厳しいです。おやつ代わりのバナナ、梅干のたね、七味唐辛子に入っている山椒の実・・・種子系は特にすべて持ち込めません。その他、理由は調査不足で定かではないのですが、卵、卵製品、乳製品、肉・・・入国する国の規則を出国前にしっかりチェックした方がよいでしょう
豪州の場合、これらは加工されたものでも持ち込む事はできません。

 一度、実家から届いた荷物の中に「インスタントの卵スープ」や「カップヌードル」が入っていたらしく、それらが入っていない代わりに検閲で保管している旨の手紙が入って届けられたことがありました。
検閲官に細かい日本語や世界中の言語は読めません。そのため、パッケージに「卵の写真・イラスト」などが入っていると、たとえ入っていなかったとしても『誤解』されて空港で保管されます。カップヌードルがどうしてダメかというと、具に1センチ四方の「乾燥肉」が使われているため、と言うことでした。

 本来であれば『罰金(刑)』に相当します。禁制品の密輸の一種みたいなものですから。
それではあまりにも実情と合わないので、「実費で送還」するか「廃棄処分」にするか空港で『保管』して意思の確認をしてくれるわけです。


靴についた土について
 現地への第一歩を踏み入れるその前に、空港の係員から「履いている靴に付いている土」を落とすように言われる事もあります。世界遺産の森や、有袋類等の特有の生態系を持つオーストラリアの自然はこのようにしてオーストラリアの人々によって守られています
たった一人の観光客の心無い行動が原因で、環境に取り返しのつかない変化が起こることは十分考えられる事。ガイジンがその国を踏み荒らすことは許しがたい行為ですよね。やはりトラブルにならないように、軽視することなく細心の注意を払って入国しましょう。


前のぺーじへ! 旅行前にはちゃんと確認♪ 次のぺーじへ!

ノートPCの電源コードへ戻りまーす!

海外土産を今すぐ注文できるよー


   copyright c 2005 旅行っていいよね! all rights reserved.