本文へジャンプ 『旅行』に関する
動物・風景・写真・準備・オンラインショップ
旅行代理店・旅のアドバイス・いろいろ情報HP
             

豪州野生動物・ブラックスワン(鳥類)

太古の地球の初期段階で豪大陸は他の大陸から離れました。
そして独自の進化を遂げた動物たち。
すべてオリの中ではなく、すぐそばを歩き回る野生動物なのです。
種類別にまとめて図鑑のように紹介していきます。
ブラックスワン
優雅に泳ぎ回る黒い白鳥、ブラックスワンたち♪
生息地:湖沼


動物解説
黒鳥ブラック・スワン Black Swan
学名: Cygnus atraus (通称:black swan)
体長: 1・1〜2・0メートル 翼長1・6〜2・0メートル
特徴: 大型の黒鳥。白い手羽先、赤いくちばしを持つ。
生息地: オーストラリア全域の水辺のそばまたは、水上。普段は群れを成している。水中の藻や水辺の水草をエサとする。
繁殖地: 陸上または、浅瀬にに葦(あし)で巣を作る。4〜10個の緑がかったタマゴを産み45日以内に孵化する。ヒナは5〜6ヶ月間、親鳥とともに行動する。
その他: 雨上がりに巣作りをする。長距離を飛ぶことが可能。羽毛の生え変わる期間、飛べない集団を水上で形成する。子育てや繁殖は時折、街の湖で行われる。

うるるの動物解説
  白人がオーストラリア大陸に上陸した時、「黒いスワンがいるだけで何もない土地」と本国に報告したそうです。
「クロハクチョウ」と呼ばれる時もある。そこまで「白」にこだわらなくてもいいと思うのですが、ハクチョウ類に分類されているので場合によってはそのように呼ばれる。コクチョウで十分通じます。かなり一般的な鳥で水辺のそばを優雅に泳いでいます。ヒナの時のクチバシは黒いんですね。
 彼らにパンをあげるとおとなしく食べてくれますが、どこからともなくカモメが大群で押し寄せ、囲まれてしまうので恋人とのデートの時は眺めるだけにした方が無難です。首を伸ばした時は案外大きいので、危険は少ないのですが、小さなお子さんは近寄らない方がいいかもしれません。


前のぺーじへ! うるるの動物ツアー 次のぺーじへ!

コッカトゥのぺーじに戻りまーす!

白黒パンダガラス・マグパイ

   copyright c 2005 旅行っていいよね! all rights reserved.