本文へジャンプ 『旅行』に関する
動物・風景・写真・準備・オンラインショップ
旅行代理店・旅のアドバイス・いろいろ情報HP
             

豪州野生動物・カンガルー(有袋類)

太古の地球の初期段階で豪大陸は他の大陸から離れました。
そして独自の進化を遂げた動物たち。
すべてオリの中ではなく、すぐそばを歩き回る野生動物なのです。
種類別にまとめて図鑑のように紹介していきます。
カンガルー
ぴょんぴょん自由に跳ね回るカンガルーたち♪
生息地:草原


動物解説
カンガルー-Eastern Grey Kangaroo(学名:Macropus giganteus)別名:gigantic great-foot
体長: ♀96センチ ♂98センチ +尻尾♀45〜84センチ ♂43〜110センチ
体重: ♀66キロ
特徴: 大人は灰色または灰茶色で腹部は白い。他のカンガルーとの違いは上唇と鼻の周りが毛で覆われている部分。
生息域: 雑木林や森林。
習性: 日中、木陰で休み、夕方から早朝にかけて芝などを食べる。オスはメスより大きく、強いオスが多くのメスとつがいになる。赤ちゃんは袋で11ヶ月育てられ、その後も9ヶ月母親から授乳する。
うるるの動物解説
 オーストラリアの大地を自由に駆け回るカンガルーたち。
写真のカンガルーはグレイカンガルーという種類のカンガルー。有袋類の代表的な動物です。
春になるとお腹の袋に赤ちゃんを入れたまま元気に飛び回るお母さんカンガルーをあちこちで見かけることができます。
カンガルーより小型のものにワラビー、ワラルー、クウォッカなどの仲間がいます。
彼らは好奇心旺盛で、人にも良くなつきます。オーストラリアで見かけた時は静かにそっと近寄っていけば餌付けすることができるはずです。
ちなみに赤ちゃんカンガルーや赤ちゃんコアラを「joey(ジョーイ)」と呼びます。


前のぺーじへ! うるるの動物ツアー 次のぺーじへ!

動物のもくじぺーじに戻りまーす!

次はかわいいコアラのぺーじ!!

   copyright c 2005 旅行っていいよね! all rights reserved.