本文へジャンプ 『旅行』に関する
動物・風景・写真・準備・オンラインショップ
旅行代理店・旅のアドバイス・いろいろ情報HP
             

豪州野生動物・ペリカン(鳥類)

太古の地球の初期段階で豪大陸は他の大陸から離れました。
そして独自の進化を遂げた動物たち。
すべてオリの中ではなく、すぐそばを歩き回る野生動物なのです。
種類別にまとめて図鑑のように紹介していきます。
ペリカン
ぷかぷかばさばさ、豪州の巨鳥ペリカン♪
生息地:湖沼


動物解説
ペリカン Australian Pelican
学名: Pelecanus conspicillatus (別名: spectacled pelican)
体長: 1.6〜1.8メートル、翼長2・3〜2.5メートル
体重: 4〜6.8キロ
特徴: 大型鳥類。短い脚、白黒の羽根とピンク色のくちばし。水かきのある足は4本指。
生息地: 魚のいる水辺。狙った魚をくちばしとのどの袋にためる。多勢の集団で漁をする時もある。
繁殖地: 島に巣を作る。2つのタマゴを陸上に産み、32〜35日交代で温める。孵化後25日のヒナはヒナ達だけの集団で暮らし、3ヵ月後には飛べるようになる。
その他: 空の上から魚群を探す。雨の後の湖の小島で繁殖することがある。

うるるの動物解説
 ご存知ペリカンです。完璧な野鳥として、オーストラリアの大空を飛び回り、内陸の湖や沿岸の海辺にその姿を見ることができます。身体が大きいので飛んでいる場面を見るとかなり衝撃的です。ほとんど人間を怖がらず、攻撃もせず、マイペースで水の上をプカプカ浮かんでいます。 多くのネット上のホームページがどこかページの同じ情報を載せているんでしょう。分布に関してオーストラリアの名前がほとんど出てきません。当然英語表記のオーストラリアの野生動物の本を見るとオーストラリアンペリカンの名前がしっかりと載っています。


前のぺーじへ! うるるの動物ツアー 次のぺーじへ!

マグパイのぺーじに戻りまーす!

ダチョウじゃないよ、エミューだよっ!

   copyright c 2005 旅行っていいよね! all rights reserved.